インタビュー記事≪MBNstar≫

2年の‘熟成’経た俳優チェ・ジョンウォン、さらにコシが強くなって帰ってきた

すらりとした背丈と白い顔、子犬を連想させる微笑みまで。 チェ・ジョンウォンの容貌は彼の最近作tvNドラマ“マイ シークレット ホテル”のユ・シチャンのようにかなり溌刺とした‘子犬男’スタイルを連想させる。 だが、うわさのとおりチェ・ジョンウォンは‘真摯青年’の標本だった。
チェ・ジョンウォンは始終一貫物静かな声であった。 軽い質問にも熟慮をしたあげく答える姿でチェ・ジョンウォンの落ち着いたさまがにじみ出ていた。 普段にも考えが多いようで、チェ・ジョンウォンはかなり敏感だったり難しい質問にも深みある返事をてきぱき出した。 そのようなチェ・ジョンウォンに2年ぶりに視聴者を訪ねて行くことになった“マイ シークレット ホテル”(以下“マシク”)参加は感慨が格別のようだった。
「序盤5,6回までは悩みもたくさんしてストレスが多かったです。‘マシク’はシチュエーションコメディではないが間違って見えればとても戯画化されることができて‘適正なライン’に対して絶えずたくさん悩みましたよ。 それで監督様、作家様と多くの話を交わしました。 その方はユ・シチャンのキャラクターがおもしろくてこそ劇が生き返るんだと助言して下さったし、周辺でも多くの話をしてくださって本当に幸せでした」

ABOFN4Ba.jpg

彼は‘マシク’の中で主人公を引き受けたチン・イハンのそばで覚めて軽々しく振る舞って溌刺とした青年ユ・シチャン役を担った。 真剣さが魅力であるチェ・ジョンウォンとは全くシンクロ率が高くない役割だと見ると困難も多かったはず。 だがチェ・ジョンウォンは「ユ・シチャンのいたずらっ子な面目を取り出してみせるのは難しくなかった」と拒絶した。 むしろ彼は「本来親しいチン・イハン兄と呼吸を合わせるのが難しかった」と告白した。
「チン・イハン兄とは本来親しかったです。ところがドラマ序盤にはそのためにかえって負担になりましたよ。‘私より兄なのにこのようにとことんいってもかまわないか’と思ったり。早くその考えを捨てるべきだったのに、このような関係はまた初めてだったから難しかったようです。次回は一気にできそうなんだけど(笑)」
‘マシク’話をして笑い花を咲かせるチェ・ジョンウォンの姿を見ると一層安らかに見える印象だった。 2年ぶりの復帰作を無事に完了したおかげであろうか。 難しい宿題を終えた表情の彼は「‘マシク’を撮影して一日一日を繰り返し十分に満たして生き抜いた」と表現するほど‘マシク’に愛情を有していた。
「再び(俳優生活を)始めるのに本当に良い作品でした。‘マシク’はロマンチックコメディで軽い感じの作品だが個人的にはこのように演技に対して悩んだ作品は初めてだったんですよ。また一方では16部作より長かったら自ら疲れることになりそうだという考えになって。演技に対する多くの悩みができる機会を与えて今後の方向性を提示した‘マシク’は私には何にも変えることはできない作品です」
俳優の第2幕を開いてくれた‘マシク’を絶対忘れることができないというチェ・ジョンウォンは「‘マシク’を撮影する間演技に対する悩みをたくさんしたし考えが以前とは本当に変わった。今や演技が何か少しは分かるようだ」と説明した。それなら彼がそのように悩んだ‘演技’というものの意味と魅力は何だろうか。
「演技は一人でするのではなかったんですよ。フィードバックがあって互いにやりとりするのが演技でしょう。その間は私だけ上手にすれば良いと考えたがそうでなかったし、今やそれを悟りました。それで演技がさらにおもしろくなったようです。 同じ‘ア’でも人ごとに反応が違うようにくるでしょう。これをどのようにオーバーでないながらも最大化させて反応を見せるか、それが演技という考えをするようになりました」

PEZcgVRa.jpg

2年という空白期は事実芸能人には越えるのが難しい山と同じ時間だ。全てのものを再び始めなければならないかもしれないという不安感があるこというものの、チェ・ジョンウォンはかえって久しぶりの復帰が負担にならないと説明した。「失敗の価値が分かるので挑戦が全く恐ろしくなかった」とのこと.
「20代から30代に渡って二種類変化がおきました。 最初は失敗に対して別に恐れなくなったことです。(新しい)試みと失敗なしでは自身が果たす夢をかなえることができないでしょう。どのようにすべての人々が常勝疾走できるでしょう。 仕損じればまたすれば良いという考えが大きかったんですよ。そして二番目は突然の状況に対処する余裕ができたという点です。以前ならば一次元的に怒って感情的に対応する状況でも今は何ともありません」
ブラウン管の後ろに消えた2年の間チェ・ジョンウォンはどんなことを体験してこのように成熟して帰ってきたかも気がかりだった。ほとんど韓国にないようにしながら旅行したという彼は2年の休息期を経た自身を示して「脂肪のない安心部位をドライエイジングした感じ」と多少独特な比喩を聞いた。
彼は‘料理愛好家’で知られただけあって、比喩もとても粋である料理用語を使った。「冷蔵庫にハモン程度はあるのではないか」と冗談を言うチェ・ジョンウォンを見ると休日午後エプロンをつけて余裕でパスタを作っている彼の後ろ姿が浮び上がった。もう‘誰かのための’料理をする時期ではないだろうか。 結婚適齢期であるチェ・ジョンウォンに結婚に対する問いを投げた。彼は「もうどこへ行ってもこの質問をする」と言って笑い出した。
「‘結婚したい’という考えはすでに何度か過ぎ去りました。バスケットボールをする友達が結婚をしながら一名ずつ離れましたよ。年を取って一人でいればまたとてもそうするとみられるようだし(笑)。今は恋愛よりは仕事がはるかに楽しいことを感じています。仕事がおもしろくなって自然に恋愛は後まわしに押されることになりましたよ。 異性に対する関心はあまりなくなりました、不思議にも。こういうことでは結婚できないこともあるという心配もあります」


g971yzfa.jpg

このように笑い出す彼が避けられない質問があった。正にUNの不和説だった。一時これが話題になるほどであったから、チェ・ジョンウォンにはさけられない質問であるはず。用心深く不和説に対する考えを尋ねるとすぐに彼は意外に「これもまた予想質問の一番目であった」と話して余裕がある反応を見せた。
「UN時代の不和説はどこででも聞かれるでしょう。だが今までとの返事と大きく異なりはしません。何の考えを話すほど押し黙っていられる程度というか。単に記事になった時、大衆はそんなに受け入れないだろうという気がすると少しは不便なことはあります。今はその友達と時々連絡をとります。だがこういうのをお聞きになれば‘表面にだけああするのではないのか’と誤解する方々もおられましたよ。だが私たちは不和説に対して笑って話をするほど良く過ごしていますよ。どうしても20代と30代は理解の幅が変わるし自然に関係図が変わるようになりましたよ」
どうも彼は完全に変わったようだった。対話中多くの部分で“以前のチェ・ジョンウォンとは大いに変わった”という言葉が聞こえるほどであった。 歳月が流れが2年の休息が、そして新しい作品がチェ・ジョンウォンをそんなに変化させたのかもしれなかった。それが直ぐ前でのチェ・ジョンウォンがより一層期待される理由であった。
「歌手に復帰するかという質問を時々受けます。私も一時は私の未来をどのようにつくりあげるか一人で深刻に悩んだことがあります。その時会社代表様がした話が思い出されます。‘演技も熱心にしよう’という話。演技することを捕まえて飛び込まなければならない時期ということでしょう。その言葉が複雑だった私の頭の中を一気に整理させました。私がする悩みはそのまま悩みであるだけでした。しなければならないことはとても明快に出ていますよ。演技。私は今演技をしなければならない時です」
スポンサーサイト
     

コメント

いつも、ありがとうございます。

一番嬉しかったコメントは…( *´艸`)
今は結婚より、仕事の方が楽しいってことーーー!
ま~どうなるか分かりませんが、なんか嬉しい~💛

あと、エプロン姿のウォニーーー(ノ∇≦*)
ウォニって料理できるんですね~。
ウォニの作ったパスタ食べたいな~~。

またまた長文、ありがとうございます(^^)

いくつになっても“真摯”なウォニは健在なんですね( ´艸`)
もっと気楽に捉えれば楽なのにな、と思う事もありますけど、それがウォニなんですもんね。とにかく、今が充実していて幸せならばオッケーです(^^;)

で、いつの間に“料理愛好家”に?
確かに昔、将来は料理店を、なんて話してた記憶はありますけど。
イケメンシェフは…やっぱイタリアンが似合いますね(*≧m≦*)

今は俳優として頑張ると決めたので、すっきりしているんでしょうね。
社長さん?に、背中を押してもらって道筋ができたんですね。
良い出会いがあって良かったと思います。
今は仕事を頑張ってるので、結婚も彼女も無しのようで、しばらくは安心してられるかな~(笑)
いつも、翻訳ありがとうございますm(_ _)m
Secre

     

FC2カウンター

Smile Garden より
いつもSmile Gardenに来てくださり、ありがとうございます。
皆さまからのカキコが、すごく励みになっています。
気軽にドンドン書込みしてくださいね♪
一緒にウォニの応援盛り上がりましょう!

コメント修正方法 ・ with Garden登録方法 ・ ウォニに関する質問 ・ ・ は「お助け小窓くん」をご利用ください^^

プロフィール

Smile garden

Author:Smile garden
元UNのチェ・ジョンウォン(ウォニ)を応援するサイトです。

お助け小窓くん
「コメント訂正」「withGarden登録」「ウォニQ&A」に関する記事検索は小窓くんを開いてくさい。

最近のコメント
最近の記事
リンク
カテゴリー
ブログ内検索