2012_03
14
(Wed)13:35

「どこかで私の歌を聞いている君に」

ウォニが歌う「どこかで私の歌を聞いている君に」が公開されました。
アコースティックギターの音色とウォニの優しい歌声がいい感じですね
癒されます~~~



“天女が必要”感性OST 14日公開、ホ・ヨンセン-チェ・ジョンウォンなど参加

KBSシットコム“天女が必要”のOSTが14日公開される。

今回のOSTはチャ・インピョ、シム・ヘジン、ファンウスレなど超豪華出演陣と同じくらい派手なアーティストが参加してより一層期待を集めている。 その初めて開始になる“天女が必要” OST PART1はシットコムと同様各自の個性が明確な計4曲を収録している。

SS501のメインボーカルでありソロにも活発な活動を広げているホ・ヨンセンが歌った最初のタイトル“'Love song”は数多くのドラマOST作業で有名な作曲家リュ・ウォングァンの曲だ。 愛らしいメロディ ラインと甘美ながらも洗練されたホ・ヨンセンの美声が完ぺきな調和をなしている。 特にホ・ヨンセンは“天女が必要”の出演も予定されていて、彼の演技挑戦にも期待が集まっている。

現在“天女が必要”エンディングテーマで注目をあびている“天女とアリババ”は015Bの客員ボーカルでありレッドプラスサブウェーのメインボーカルとしてよく知られているチョ・ソンミンが参加した曲だ。 独特のボーカルとオリエンタル風のエキゾチックなサウンドが妙な魅力を発散して、一度聞けば引き続きぐるぐる回る中毒性あるトラックで視聴者たちをひきつけている。

共に三番目トラックの“She's a star”はユーチューブスターであり米国メインストゥリームシーンで活躍を広げて厚いマニア層を保有しているミュージシャンであるデービッド・チェ(David Choi)の曲で特有の震えるボイスに暖かいギターサウンドがより一層聞く人の豊富な感性を刺激する。

最後に“天女が必要”でグム・モレに扮しているチェ・ジョンウォンが歌った“どこかで私の歌を聞いている君に”という015Bの空前のヒット曲で叙情的なアコースティックサウンドとチェ・ジョンウォンの淡泊なボーカルが魅力的に表現されたリメークナンバーで目を引いている。

個性満点なキャラクターのドタバタ話を扱った“天女が必要”のように個性明確な曲を入れて出した今回のOSTはもう一つのwell made OST誕生を予告している。
(etodayより)
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

最高!!

えっつ(>_<)
ウォニ~~~!!
やっぱり歌は最高です!
雰囲気いいですね~!
大人の歌って感じがします!
歌詞の意味が分かればいいんだけど~(ノ_・。)
でも、嬉しいです!
この歌を舞台で歌ってる姿が見たいです!
もちろん!生で!

それからいつも、直ぐにUPして下さり感謝していますm(__)m

2012/03/14 (Wed) 13:46 | ebi #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック