インダビュー記事(日刊スポーツ)

《パニック障害偏見に2回傷ついた》

パニック障害を抱えているUN出身歌手チェ・ジョンウォン(27)は「いっそのこと手とか足が折れて、他人の目にはっきり見える病気ならいいのに」と話した。

チェ・ジョンウォンは過去2年間パニック障害の症状がひどくなり、芸能活動を休み、大学院の学業にだけ邁進した。レコーディング中にも少し緊張しストレスを受けたら、手足の震えと過呼吸の症状が現れた。
チェ・ジョンウォンが初めてパニック障害の診断を下されたのは2001年某番組の撮影中、手足骨折事故に遭った時だ。その時大学病院の救急室に搬送されたチェ・ジョンウォンは精密検査中に不整脈と診断され、その原因がストレスによるパニック障害だという追加診断が下された。
小学校時代から呼吸障害と強迫性障害の症状が出ると病院で薬をもらい服用していたが、それが“パニック障害”という病気であるとは考えもできなかった。
ソウルで有名だという心臓疾患・認知行動治療の病院と精神科など10ヶ所を転々とし、漢方薬と良医の治療を平行してきた彼は、最近歌手キム・ジャンフンからソウル大学病院を紹介してもらい、この病院で通院治療を受けている。

2年間で病状がかなり良くなり、日本のミュージシャン、宇津本直紀作曲の“Sunshine on Summer time”をリメイクしたデジタルシングル“Sunshine”を出した。軽快なメロディーを涼しげに歌う、“また違う太陽、全てを忘れ走る”という歌詞は逆境を乗り越えた全ての人々に聴かせてあげたい曲だ。
昨年末から選曲し、6月にレコーディングを終えた。「焦りと自責の念は振り払い、“余裕”という2文字が私の肩に降りて座った気分です。夏休みわくわくする気持ちのように、私の歌を聞いて清涼感を感じて頂けたらと思います。」
(翻訳協力:Mちゃん)
080718日刊スポーツ


スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     

FC2カウンター

Smile Garden より
いつもSmile Gardenに来てくださり、ありがとうございます。
皆さまからのカキコが、すごく励みになっています。
気軽にドンドン書込みしてくださいね♪
一緒にウォニの応援盛り上がりましょう!

コメント修正方法 ・ with Garden登録方法 ・ ウォニに関する質問 ・ ・ は「お助け小窓くん」をご利用ください^^

プロフィール

Smile garden

Author:Smile garden
元UNのチェ・ジョンウォン(ウォニ)を応援するサイトです。

お助け小窓くん
「コメント訂正」「withGarden登録」「ウォニQ&A」に関する記事検索は小窓くんを開いてくさい。

最近のコメント
最近の記事
リンク
カテゴリー
ブログ内検索