インタビュー記事(STAR NEWS)

《くどいイメージ?イ・フィジェとプロデュサーの合作品》

グループUN出身の歌手チェ・ジョンウォンが自身をめぐる“くどい”イメージが誤解であることを説明した。

チェ・ジョンウォンはよく芸能番組に出演していた2003年当時、ど真面目な姿のせいで“真面目教授”“マーガリン チェ”などのあだ名をつけられ、世間ではモムチャン(立派な体格)で温かい人だが、“くどい人”というイメージがくっついてまわった。
しかし、14日moneytoday Star Newsとのインタビューでチェ・ジョンウォンは「当時のあのくどいの姿は、イ・フィジェさんがやらせたもの」で「イ・フィジェさんとプロデューサーの合作品」だと説明した。
本人が望んでいないイメージのせいで悔しくなかったのかという問いにチェ・ジョンウォンは「あの時は幼かったのでしょうがなかったですが、今はそういった部分全てに気を遣わない」「一つ一つ変えようとするのがもっと器が小さく味気ない気がする」と自身の考えを明らかにした。
また彼は「これから私のイメージに関してはもっと作っていかなければいけない部分が多く、すでに世間がそういう風に私を見るのならばあえて変えようとしたくない」と付け加えた。
「一時は私のイメージをめぐる誹謗中傷のために傷ついた時期もありましたが、今はそういう部分に神経を使う暇もない」と言ったチェ・ジョンウォンは「ファンのみんなと交流しながら話をする時間も足りないのに、何のために誹謗中傷まで見て傷つかなければいけないのか」とむしろ問い返し、ひときわ余裕を持った姿を見せた。

チェ・ジョンウォンは2005年5月UN5集の「彼女へ」を最後に歌手活動から退き、2006年SBSドラマ「無敵の落下傘要員」で演技デビューを果たした。
それ以降大学院の勉強に専念した彼は最近、シングル「Sunshine on summer time」を発表し、歌手活動を再開した。
080714 STAR NEWS①


《長い休暇のような活動を楽しみたいです》

「昔よりむしろステージが気楽になりました。ステージ上での私の姿が、今は昔よりもっと気楽に見えると思います。」
二人で立っていたステージを一人で立たなければいけないという事実が負担になるように思われたが、チェ・ジョンウォンは余裕のある姿だった。むしろ気楽になった気分だろうか。
「一人になった2年間、やりたかった勉強をしながら過ごしたら時間があっという間に過ぎました。音楽に没頭できなかったと思うと惜しい気もしますが、その分私にとっては特別な時間でした。芸能人であるがゆえにできないと言われたくなくて、周りに恥ずかしくないよう一生懸命勉強しました。」

いつのまにかデビュー9年目。中堅歌手と呼ばれるようになったチェ・ジョンウォンだが、後輩達をどのように見ているのだろうか?
「私の過去の姿が思い浮かんできます。時間が経てば僕と似たようなことを考えるだろう、という感じ?いい言葉をかけてあげたくても、後輩達がそれを理解できるだろうかと思うんです。私も昔は先輩たちの励ましが胸に響かなかったんです。それは自ら体験し、感じてみないといけない部分だろうと思います。」

UNとして忙しく活動し人気だった当時、チェ・ジョンウォンは多数の芸能番組に出演し、世間から“バカ真面目”で突拍子もないというイメージを持たれていた。彼はそういう姿を“意図的なキャラ”だと言ったが、実際に会ってみるとやはり“真面目教授”チェ・ジョンウォンだった。
「別のキャラを作りたくはないです。私の姿をそのままお見せしたいです。私のありのままの姿は好きじゃない方もいるかもしれませんが、私の音楽と普段の考え方、話し方をありのままお見せするのがコンセプトといえばコンセプトなんです。今までは面白さ重視の姿でしたが、これからはファン達と共感し、みなさんとも対話できる余裕ができたと思います。

小さい時の将来の夢はパイロットだったというチェ・ジョンウォンはまだパイロットの夢を持っているという。しかし今の彼を突き動かすのは、彼が今まで積んできた歌手としての時間だ。彼が聴かせたい音楽はどんな音楽なのだろうか?
「私は歌手である前に、普通の一人の人間なので、みんなが好きな音楽が好きです。私の歌は夏休みが近づいてくる時のワクワクした緊張感? そんな感じだったらいいですね。
行楽地に遊びに行く道中に家族でスナック菓子とかパンを買って食べる気分。そんな幸福感を歌に込めたかったんです。

“Sunshine on Summer time”という夏の雰囲気が漂う曲で、ファン達の前に再び立ったチェ・ジョンウォン。“誰もが最高のものを追求しているが、永遠の最高はない”という真理を悟ったという彼の、今回のアルバム活動に対する覚悟はどうだろうか。
「私にとっては今回の活動は仕事というよりか、長い休暇のような感じです。今回の活動を通してもう一度、私が手にできなかった幸せを探してみたいです。仕事ではありますが、その仕事を通して幸せを感じることができたなら、それより幸せなことはないんじゃないでしょうか。」
080715STAR NEWS②080715STAR NEWS③

(翻訳協力:Mちゃん)

スポンサーサイト
     

コメント

かずさん、Mさん・・・
こんなに長文のインタビューのアップ&翻訳、ありがとうございますe-466v-356

 じっくり読ませて頂きました。。。
2年という空白期間があったからこそ当時の事を振り返る余裕も出来たんでしょうね。。。v-410
芸能界という華やかな世界に身を置く人達が受けるストレスは、凡人には想像の範囲を超えてるんでしょうがv-393、この記事を読んで・・・ウォニの人間としての器が大きくなったように感じましたv-398

 今までの作られたイメージ、ファンなら~どれが本とのウォニの姿なのか、ちゃんと理解してますよねv-415
ウォニ自身が幸せである事がファンにとっても幸せなんですよね~e-266
Secre

     

FC2カウンター

Smile Garden より
いつもSmile Gardenに来てくださり、ありがとうございます。
皆さまからのカキコが、すごく励みになっています。
気軽にドンドン書込みしてくださいね♪
一緒にウォニの応援盛り上がりましょう!

コメント修正方法 ・ with Garden登録方法 ・ ウォニに関する質問 ・ ・ は「お助け小窓くん」をご利用ください^^

プロフィール

Smile garden

Author:Smile garden
元UNのチェ・ジョンウォン(ウォニ)を応援するサイトです。

お助け小窓くん
「コメント訂正」「withGarden登録」「ウォニQ&A」に関する記事検索は小窓くんを開いてくさい。

最近のコメント
最近の記事
リンク
カテゴリー
ブログ内検索